士業のための結婚支援サービスです。このページでは士業の種類や詳細な情報をまとめております。

士業(弁護士・税理士・司法書士・行政書士・社労士等)の結婚支援サービス。結婚相談所アイビジョン お客様専用ダイヤル:03-4330-7370
士業のための結婚支援サービス結婚相談所アイビジョン > 士業の種類

士業の種類

士業(しぎょう)とは、「士」の文字がつく以下の名称の専門資格を有する職業のことです。

士業の種類

各士業の説明

種類①(1)法律系

職業 詳細説明
①弁護士

裁判官や検察官と同じ法律実務で、依頼者のために民事、刑事の訴訟に関して活動し裁判の適正を保持するための専門家です。人権の擁護と社会正義の実現使命とし人のために法律事務を行います。弁護士になるためには司法試験に合格し、司法修習生としての修習を終え、司法修習生考試に合格する必要があります。2011年以降は新司法試験の受験資格として、法科大学院課程終了以外にも法曹資格を取得できるようにするために司法試験予備試験があり、合格者は新司法試験の受験資格が与えられます。弁護士は日本弁護士連合会に名簿登録しなければいけません。

②弁理士

特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産に関する専門家です。特許権や商標権、実用新案件、意匠権など産業財産権を取得するために必要な手続きをすることが弁理士の大きな仕事です。また、発明したものや考えた商標などが既に権利として登録されていないかということを調査することもあります。ほとんどの場合、企業に対して、その企業の特許戦略や研究開発に関する専門家としてのコンサルティング業務を行っています。弁理士になるためには、弁理士試験に合格するか、司法試験に合格し弁護士になるか、特許庁に入り審判官として7年以上の実務を積むいう方法があります。

③司法書士

不動産登記や商業業務が主な仕事であった司法書士も、2002年の司法書士法の改正により、司法書士法人の設立が可能になり、簡易裁判所での訴訟代理権が与えられ、身近な総合法律アドバイザーとして仕事の幅が広がりました。主な仕事は、不動産登記、商業・法人登記、供託に関する手続き、裁判所、検察庁、法務局に提出する書類の作成、法務局長に対する登記や供託に関する審査請求の手続きの代理、簡易裁判所の訴訟手続きの代理、青年後見などです。司法書士は司法書士法に基づく国家資格で司法書士試験に合格した者か、裁判所事務官、裁判所書記官、法務事務官、検察事務官としての職歴が10年以上になるか、同等以上の法律の知識や実務経験があると認められた者です。

④行政書士

他人が役所等に提出する許認可関係の書類を作成したり、その手続きを代理で行ったり、契約書などの権利義務関係の書類を作成したりすることが主な業務です。行政書士になるには行政書士試験に合格するか、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、公務員として一定期間の行政の実務の経験を持つと認められた場合、資格を得ることが出来ます。

⑤海事代理士

海の司法書士、海の行政書士と呼ばれ、海事代理士法により他人からの依頼により船舶の登記や船舶登録、検査申請、船員に関する労務、海事に関する許認可など海事関係の行政機関への申請、届出、手続き、書類の作成を代理、代行するのが主な仕事です。海事代理士は国土交通大臣が認めたもので、海事代理士試験に合格した者か行政官庁に10年以上海事関係の実務につき、その職歴が充分な知識を有していると認められたものが資格を取得できます。海事代理士試験の合格者は社会保険労務士の受験資格が得られます。

⑥通関士

輸出、輸入手続きを行う専門家です。物品を輸出入させる輸出入業者が税関で行う通関手続きを通関業者に依頼したときに、その通関手続きを代理で行うことが主な業務です。通関士は税理士や公認会計士のように独自で開業して業務を行うことが出来ないので、通関業者や通関部門を自社に持った企業に勤務している場合が多くあります。通関士試験は学歴や年齢、経歴、国籍などに制限がなく誰でも試験を受験することが出来ます。

種類②(2)コンサルティング・金融系

職業 詳細説明
①中小企業診断士

中小企業の経営を診断し、アドバイスを行う専門家です。中小企業診断士は経済産業大臣が認める国家資格です。中小企業診断士は経済産業大臣が適切な経営診断をしコンサルティングをしてくれる業者の選定をしやすくするという目的で作られ、一定以上のレベルの能力を持った診断士を確保するための資格です。企業に対する経営アドバイスだけでなく、中小企業と行政や銀行をつないだり、中小企業の施策をより良く活かす活動なども行います。

②社会保険労務士

社会保険労務士は厚生労働大臣が行う社会保険労務士試験に合格し、2年以上の実務経験があり社会保険労務士名簿に登録されています。社会保険労務士は労務、社会保険の専門家として主に、書類の作成代行や提出代行、個別労働関係紛争の解決の手続きの代行、労務管理、労働保険、社会保険に関する相談などを行います。

③ファイナンシャル
プランナー

収入や資産、家族構成などの情報から顧客にライフスタイルのアドバイスを提案したり、投資家に資産管理のアドバイスを行うのが主な業務内容です。FPなどと呼ばれていますが、独占的に行う資格制度ではないので、弁護士、公認会計士、中小企業診断士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士などの有資格者や日本ファイナンシャルプランナーが認定するCFP資格、AFP資格などの資格保持者などが業務を行っています。

④金融士

金融の専門的な知識を持つ国家資格です。金融士は仮称で、金融法務、財務会計、ファイナンスという試験に合格し数年の実務経験を経て金融士となります。情報の分析、評価、投資手法を用いた商品化、投資に関するアドバイス、資判断基準となる材料の提供などが主な業務です。銀行、金融商品取引業、証券会社、投資信託会社、投資顧問会社、生命保険会社などが有資格者の必要性に注目しています。

種類③(3)会計系

職業 詳細説明
①税理士

他人のために、各種の税金の申告、申請、税務書類の作成、税務相談など行うのが主な業務です。一般的には税理士試験に合格した人が税理士になれますが、税務署に一定期間勤めた人や、特定の大学院を卒業した人、弁護士、公認会計士なども税理士になることが出来ますが、税理士の登録が必要です。

②公認会計士

公認会計士の仕事は監査、会計の専門家です。他人の求めに応じて、財務書類の監査や証明を行うのが主な仕事です。また、税務業務以外の経理一般の業務を行いますが、財務諸表を作成したり、企業に対してコンサルティングなども行います。登録をすれば税理士が行う税理業務も行うことが出来ます。個人で独立開業も出来ますが、大企業などは公認会計士の属する監査法人にその業務を委託するので監査法人に所属している人も少なくありません。公認会計士の資格は、公認会計士の試験に合格し、2年以上の現場での経験が必要です。

種類③(4)建築・土木・技術系

職業 詳細説明
①一級建築士
(二級建築士、
木造建築士)

建築士試験に合格し、国土交通大臣か都道府県知事から免許を受けて建物の設計、工事監理などを行います。建築士の種類によって設計や監理できる規模などに違いがあります。日本において、どんな小規模な建築物であっても設計や工事監理を行うには建築士の資格が必要です。

②土木施工管理技士
(一級、二級)

建設業法に基づき、土木工事施工計画の作成や工程の管理などを行います。国土交通省の管轄の国家資格で東日本大震災以降、放射能の除染や土地の造成工事などに必要な主任技術者や管理技術者に必要な資格で需要が高まっています。一級と二級に分かれており、一級は、河川、道路、橋、港湾、鉄道、上下水道において、二級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入において各種の工事の主任技術者として施工計画を作成、技術上の管理を行います。この資格の保持者は社会保険労務士の受験資格も得られます。

③コンクリート
診断士

コンクリートの構造物の診断や維持管理に関して技術と知識を有する技術者です。日本コンクリート工学会の実施する試験に合格し、登録されることにより与えられる称号ですが、法律によって定められた資格ではありません。有資格者でなければ維持管理業務を行うことが出来ないというわけではありませんが、構造物を中立的な立場で客観的に診断するコンクリート診断士の需要も増えています。

④技術士

技術士法に基づく国家試験に合格し、登録した人に与えられる資格です。機械、建設、化学、農業などのほか多数の専門の技術部門に分かれており、各部門において専門的な知識が求められます。資格保持者の多くは企業のエンジニアとして働いており、残りは自営のコンサルティング会社を経営しているか、コンサルティング会社に勤務し公共事業に従事しています。

⑤測量士

測量法に基づく国家資格で、日本においては測量業者に配置が義務付けされています。ダムや端、道路、鉄道、トンネル、ビルなどあらゆる建設工事においてまず始めに行う測量が主な仕事です。工事予定地の座標、高さ、長さ、面積などを測量法に基づき測量し、現状図面などを作成します。測量士は、資格を大学、短大、専門学校で取得をし、ゼネコンや測量事務所に就職するか、国家試験を受験し資格を得ます。

⑥気象予報士

気象予報士は国家資格で気象業務法に基づき実施する気象予報士試験に合格し気象庁長官による登録が必要です。防災情報などと密接な関係がある気象情報が不適切に一般に流れると社会混乱が起こることも予想されるので、予報業務を行う事業者は気象予報を気象予報士に行わせることが義務付けされています。

⑦海技士

海技士は主に、大型船舶の職員が有する必要のある国家資格です。船長、航海士、機関長、機関士、通信長、通信士として大型船舶に乗り込む際には、海技士の資格が必要になります。船舶会社や商船会社に勤務する場合もあります。

⑧計量士

計量法に定められた国家資格で、経済産業省が管轄する資格です。計量管理を行う事業所や店舗などで使われる計量器の整備、正確保持、管理などを行います。環境計量士(濃度)、環境計量士(騒音、振動)、一般計量士に分かれています。水質や大気汚染の濃度測定や都市部では騒音や振動の仕事の需要が多いです。

⑨作業環境測定士

厚生労働大臣の登録を受けて作業環境測定を行う国家資格です。作業環境測定士試験に合格する必要があります。主な業務としては、指定の作業場の環境を測定します。工場などで働く人を守るために、空気や音を調べ環境改善を行います。

⑩液化石油ガス
整備士

免許を得るために、液化石油ガス整備士試験に合格するか、液化石油ガス設備士の講習を受ける必要があります。主な業務は、LPガスの供給事業、消費設備の設置工事などです。LPガスなど作業のミスが大きな災害を起こす可能性もあるので慎重さが求められる仕事でもあります。また、LPガスから都市ガスへの切り替え工事にも液化石油ガス設備士の資格が必要です。多くは、LPガスの供給事業の工事員や販売員として就職しています。

⑪消防設備士

劇場、デパート、ホテルなど人が集まる建物はその規模や用途、人数などに応じて屋内消火栓設備やスプリンクラー設備、自動火災報知機などの消防用設備の設置が法律で決められています。このような業務を行うために消防設備士の資格が必要になります。消防用設備、特殊消防用設備などの工事や整備に関する都道府県知事が行う講習を決められた期間内に受講する必要があります。

⑫電気工事士

ビル、工場、店舗、住宅などの電気設備の安全を守るために電気工事を行います。第一種は最大電力500キロワット未満の工場やビルの工事に従事でき、第二種は住宅や店舗など600ボルト以下の設備の工事に従事できます。

種類③(5)不動産関係

職業 詳細説明
①土地家屋調査士

土地家屋調査士は不動産登記業務の表記に関する登記を独占的に行うことができます。また、土地や建物が現在どうなっているか書類を見たり、調査もします。土地の面積や建物の床面積などの図面を作成するために土地や建物の測量も行います。調査や測量の結果を法務局に申請することも土地屋根調査士の仕事です。国家試験に合格し、日本土地家屋調査士会連合会に登録し仕事をします。

②マンション管理士

分譲マンションの管理を正確に行うために、マンションの管理組合や区分所有者の相談に応じでアドバイスなどを行うというものです、マンション管理適正化推進法による新しい国家資格で、マンション管理士として登録することが必要です。

③土地改良換地士

国土交通大臣が行う技術検定に合格したものの資格で、土地区画整理がスムーズに行われるために専門知識を活かし、土地提供者の利害を調整し、事業推進を行います。

④土地区画整理士

国土交通大臣が行う技術検定に合格したものの資格で、土地区画整理がスムーズに行われるために専門知識を活かし、土地提供者の利害を調整し、事業推進を行います。

⑤不動産鑑定士

不動産の鑑定評価に関する法律に基づく国家資格で、不動産の経済価値に関する専門家です。不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省付きの不動産鑑定士名簿に登録される必要がります。あまり一般的には接する機会はないですが、年に数回ニュースなどで全国の土地価格一覧などを見ますが、これは不動産鑑定士によるもので、この土地価格などは一般の土地取引価格の参考となる社会的責任の重いものです。

⑥宅地建物取引士

不動産取引前に買い主や借主に物件の説明をしたりする仕事で不動産売買や賃貸の仲介業である不動産業にはなくてはならない存在です、宅地建物取引士がいないと不動産業者が宅建業を営むことは出来ません。また、物件の説明内容を記載した書類や契約書類に記名、捺印します。

種類③(6)語学系

職業 詳細説明
①通訳案内士

観光庁に帰属する国家資格で、通訳案内しとして登録したもののみが従事できます。外国から来た観光客に対して外国語通訳や観光案内を行うのが主な仕事です。外国人観光客に対するプロの観光ガイドということです。外国語が堪能であることに加えて、日本の歴史や地理、文化、産業といった幅広い知識が必要で、その多くは旅行代理店や日本の観光協会などに所属しています。

士業の結婚について 入会金3万円の格安な料金プラン 士業の皆様の成婚喜びの声

結婚相談所I VISIONからのメッセージ

アイビジョンでは、できるだけお客様にご負担をかけない形で結婚活動を支援しております。このホームページを見ていただいたのも何かの縁です。この機会にぜひアイビジョンのサービスをご利用ください。ご期待に添えるよう精一杯サポートさせていただきます。

お問い合わせをいただきましたら1~3日以内には、かならずご返事いたしますので、しばらくお待ちいただけますよう宜しくお願いいたします。

I VISIONからのお約束
所在地

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-2-9
JF新宿御苑ビル amphibia 10F

アクセス

新宿区御苑前駅(丸ノ内線)より
徒歩1分/新宿3丁目駅(副都心線・丸ノ内線・都営新宿線)より徒歩4分/新宿駅東口(JR)より徒歩10分

ページトップへ